ページを印刷する

フランス当局による日本の運転免許証返還措置の廃止

 

フランスの運転免許証に切り替える際に提出した日本の運転免許証を在仏日本大使館館に返還する措置については、フランス当局により廃止されることになりました。 この背景には、これまで無期限有効であったフランスの運転免許証に新たに有効期間が設定されるなど、フランス当局が運転者管理対策をより一層強化していく上で、二種類の運転免許証を同時に持つことを厳格に禁止するとの方針を徹底することとしたことがあると思われます。そして、日仏運転免許証の二重携行を未然に防止する観点から(注)、日本に対してのみ認められていた日本の運転免許証返還という特例措置についても廃止したものと思われます。

(注)EU諸国が発行する運転免許証と、EU諸国以外の第三国の運転免許証を二重に所持することは、EU指令により禁止されています。

以上の理由から、今後、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECURE)からの日本の運転免許証返還は行われません。仮に、県庁等から在仏日本大使館に自発的に日本の運転免許証が返還された場合には名義人に返還しますが、返還のための連絡先は在留届に記載された住所となります。 また、この場合でも、返還された日本の運転免許証によりフランス国内で運転することはできませんので、ご留意ください。 なお、在仏日本大使館に返還された日本の運転免許証の保管期間は返還後5年(日本の免許証の有効期間は最長5年のため)となります。返還後5年を経過した運転免許証は日本の外務省に移送されます。

在仏日本大使館からの返還作業については、同大使館のホームページをご参照下さい。

在仏日本大使館HP:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ryouji/menkyo/index.html#6

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス当総領事館のメールマガジン読者登録(無料)はこちらから。

カテゴリ内の項目