婚姻届

フランス方式による婚姻

フランス方式での婚姻の成立日から3ヶ月以内に婚姻届を領事部窓口へ届け出て下さい。(郵便の消印日ではありませんのでご注意下さい。)

フランス方式による婚姻の場合、郵便による届出も可能です。以下の用紙をダウンロードしてご使用いただくか、もしくは、郵便にて返信用封筒(A4サイズ、送付先住所を明記したもの)と切手(100g相当)を当館戸籍係あてに送り、必要書類を請求して下さい。ダウンロードして使用される場合、総領事館へ送付する前に必ず電話連絡をしてから郵送するようにして下さい。 (誤記、記載漏れを未然に防ぐ為、ファックス、電子メールによる事前チェックも行っておりますのでご活用下さい。)    
 

1.  配偶者の一方が外国人の場合

 

  必要書類

1. 婚姻届・・・2通
 

PDFファイルを開きます。 婚姻届の用紙     PDFファイルを開きます。 記載例

 

・フランスの県名を日本語に訳す場合には、PDFファイルを開きます。フランスの県名日本語表記訓令をご参照下さい。

・2枚目に印刷される「証人」の用紙も、空欄のまま送付して下さい。
 

2. 婚姻証明書(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)・・・2通(1通は原本。2通目は写しで可)
 

3. 同和訳文(抄訳、翻訳者を明記したもの。当館作成のフォームの使用も可)・・・2通(1通は原本。2通目は写しで可)

PDFファイルを開きます。 翻訳フォーム  PDFファイルを開きます。 翻訳フォーム記載例

 

4. 外国人配偶者の国籍を証明する書類

• フランス国籍の方の場合・・・有効な旅券(PASSEPORT)、 身分証明書(CARTE NATIONALE D'IDENTITE)、仏国小審裁判所発行の国籍証明書(CERTIFICAT DE NATIONALITE)等からひとつ。

( → ※郵送で届け出る場合は、Copie certifiée conforme を郵送。下記の注意事項もご参照下さい。)

 

• フランス国籍以外の方の場合・・・有効な旅券、もしくは該当国機関発行の国籍証明書。

 

5. 同和訳文(抄訳、翻訳者を明記したもの)・・・2通(1通は原本。2通目は写しで可)

PDFファイルを開きます。 国籍証明書翻訳文見本  PDFファイルを開きます。 仏国身分証明書翻訳フォーム  PDFファイルを開きます。 仏国旅券翻訳フォーム
 

6. 日本人配偶者の戸籍謄本(抄本)・・・2通(1通は原本。2通目は写しで可)
 

7. 届出人の仏国滞在許可書、日本国旅券の写し・・・1通ずつ

 

注意事項

・3ヶ月を超えて届け出る場合は、遅延理由書も併せて提出していただく事になります。

・新しい本籍地を別の市区町村に定めるときは提出書類はすべて3通となります。その際、新しい本籍地の住所の使用可否について、予め新本籍地を管轄する市役所にご確認ください。

・4.の外国人配偶者の国籍を証明する書類は、婚姻日及び婚姻届出時に有効なものが必要です。必ず原本を提示して下さい。郵送で届け出る場合は、旅券または身分証明書のコピーを必要枚数とり、市役所で原本に相違ない旨の認証(Copie certifiée conforme)を受けたものをお送りください。(日付と公印があるもの)

・郵送で提出される場合は書留郵便にてご送付下さい。

・誤記、記載漏れを未然に防ぐ為、ファックス、電子メールによる事前チェックも行っておりますので、書類を郵送する前にぜひご活用ください。(その場合は全書類を送信して下さい。)

・摩擦で字が消えるペンは使用しないでください。(黒のボールペン、万年筆、水性インクペン等をご使用ください)

 
 

婚姻後の姓名について

フランスにおいては、婚姻後も旧姓を維持する習慣があります。そのため、フランス人と婚姻しても日本の姓は変える必要はありません。 もし戸籍上の姓を変更すると、滞在許可証申請時など、諸手続きの際に不都合が生じることがあります。

婚姻後、戸籍上姓の変更をしなければ、日本国旅券もそのまま使用することができます。また、希望すれば、括弧書きにて外国人配偶者の姓を別名併記することができます。

日本の法律では、戸籍上の姓を外国人配偶者の姓に変更する場合には、婚姻後6ヶ月以内に「氏の変更届」を提出しなければなりません。
 

PDFファイルを開きます。 外国人との婚姻による氏の変更届   PDFファイルを開きます。 記載例



 

2. 日本人同士の婚姻の場合 (フランスの市役所で婚姻成立後に届出をする場合)

 

必要書類

1. 婚姻届・・・2~4通※ 
 

PDFファイルを開きます。 婚姻届の用紙  PDFファイルを開きます。 記載例

 

※それまでの本籍地と別の市区町村に新しい本籍地を設ける場合は、1.2.3の書類につき1~2通多く必要になります。詳細は当館領事部までお問い合わせ下さい。
・フランスの県名を日本語に訳す場合には、PDFファイルを開きます。フランスの県名日本語表記訓令をご参照下さい。
・2枚目に印刷される「証人」の用紙も、空欄のまま送付して下さい。

 

2. 婚姻証明書(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)・・・2~4通※(2通目以降は写しで可)

 

3. 同和訳文(抄訳、翻訳者を明記したもの。当館作成のフォームの使用も可)・・・2~4通※(2通目以降は写しで可)

 

PDFファイルを開きます。 翻訳フォーム   PDFファイルを開きます。 翻訳フォーム記載例

 

4. 夫と妻の戸籍謄本・・・各2通(1通は原本。2通目は写しで可)

 

5. 夫、妻の滞在許可証の写し

 

 

日本方式による日本人同士の婚姻

外国にいる日本人同士が婚姻する時は、本邦で市区町村役場に届け出る場合と同様、その国にある在外公館に届出をする事によっても婚姻が成立します。原則として、夫、妻に来館して頂き、証人2名が必要となります。
 

必要書類

1. 婚姻届・・・3通※

※それまでの本籍地と別の市区町村に新しい本籍地を設ける場合は、届け出用紙が1通多く必要になります。詳細は当館領事部までお問い合わせ下さい。

フランスの県名を日本語に訳す場合には、PDFファイルを開きます。フランスの県名日本語表記訓令をご参照下さい。
 

2. 夫と妻の戸籍謄本・・・各2通(原本1通ずつ、写し1通ずつ)

3. 夫・妻・証人2名それぞれの身分証明書の写し

 

注意事項

新しい本籍地をそれまでの本籍地と別の市区町村に設ける場合は、その住所の使用可否について、予め新本籍地を管轄する市役所にご確認下さい。

・誤記、記載漏れを未然に防ぐ為、ファックス、電子メールによる事前チェックを行っておりますので、ご希望の方はご活用ください。(その場合は全書類を送信して下さい。)